北向きのプランニング学!

我が家のように、南隣に背の高い建物がある場合や、東西に細長い土地は日当たりを確保するのが難しいです

なぜなら、日本では、太陽は東から昇り、自分の真上ではなく南側を通過して、西に沈むからです
日差しが厳しくなる夏でも、真上ではなく南よりを通ります


なので、日中は南向きの家に日差しは差し込みますが、北向きの家に差し込むことはないのです

わかっちゃいたけど…(。;)
くじけそうになる41歳……ヘルプミ~

そうして
日当たりを確保する作戦を練り始めたわけですが

三方囲まれた北向き道路の土地
が、こんなにやっかいなものとは…

まず、
一に勉強!二に勉強!!
わらにもすがる思いで
本買ってみました~~!

まず、こちら
『安らぐ家は「間取り」で決まる 施主ならもっと自分で考えるべき 
おかしなこだわりは捨て、財産になるよい家を建てよう!』上田 康允(著)

皆さんの評価が高く、いろんなサイトで紹介されていたので購入しました


家は人生で一番高価な財産なのに、日本の家づくりは幼稚で建築業界のレベルは低く、住んでから後悔する人が多い
なので、建てる前に必ず専門家にチェックしてもらった方がいいとありました

プランニング学
聞き慣れない言葉です

プランニング - 計画を立てること。企画立案。
ライフプランニング
マネープランニング
キャリアプランニング
まごころプランニング……など

建築でのプランニングというのは、生活を豊かにするための形や空間を作ることと同時に、「誰に使ってもらうか」を考えることが大切で、施主の習慣や考えをじっくりヒアリングし、敷地の状態や気象も含め、それも建築の一部であるという考えのもとで企画することです

プランニング、便利な言葉ですが、どんな時も主体が誰であるのか忘れてはいけませんよね

昔なら、気持ちで通じていたものが、こうしてパッケージとして他人に提示しないといけなくなっているのかもしれないなあと、寂しく感じました

こんな発展した国に生きていて、家の中は便利な家電と設備があるのに、家自体が利益主義でないがしろにされているのはどうしてなんでしょうか

是非、安心プランニングを実行して欲しいと思います!



他にも沢山参考になることが書かれていました
どんどん参考に
どんどん知識を
どんどん現実に!は程遠い……"(-""-)"